応援ありがとうございました。

このたびの衆議院総選挙におきまして、多くの皆さまから社民党、社民党へのご支持・ご声援を頂戴しましたことに、多大なる感謝を申し上げます。有難うございました。ご支援に心から御礼申し上げます。

小川さんからのメッセージを以下に記します。

この度の衆議院銀選挙では、皆さんに大変なご支援とご努力を賜り、心から御礼を申し上げます。
 私の力不足で、あの様な結果となり、本当に申し訳なく思っております。
 身近な方々や支持者の皆さんにご挨拶もできず公示となり、僅か2週間の選挙でありました。
 安倍政権の計画的解散と強く感じました。
 国民無視のアベノミクスによる経済を隠れ蓑にして、集団的自衛権行使容認、武器輸出、平和憲法の改悪による戦争の出来る国へ、そして原発再稼働と原発輸出、TPP、米軍の基地移設、軍備増強など、アメリカ、大企業や東京だけを見据えた国民や農協・農業委員会潰しで、農家すらも無視の政治が「ますます強められています。
 社民党は、勤労者37.2%に当たる非正規労働者の生活と国民の命を守るために、福祉国家をめざし、平和と民主主義を貫くために、今後とも闘い続けて参ります。原発のない福島県を全国・世界に発信してゆきます。
 県民の総意に基づく、県土の復興・復旧に全力を持って、住んでいて良かったと実感できる福島をつくるために、今後も頑張る決意です。
今後とも変わらないご支援を心からお願いし、御礼の言葉と致します。

社民党福島県連合 代表 小川右善